photograph by Junko Hara

Profile

Jóia(ジョイア)

学生時代より地元滋賀県大津市の社会人ビッグバンド「Dandy Dukes Jazz Orchestra」の専属ヴォーカリストとなり、京都・大阪など関西を中心に活動を始める。2003年頃よりボサノバの優しさに惹かれブラジル音楽に興味を持つ。次第にブラジル音楽の多様性と奥深さ、美しさに魅了され2011年よりボサノバやサンバ・カンサォン(歌のサンバ)を中心に独自にライブ活動を始める。
ブラジルの美しいバラードを得意とし、包み込むような柔らかな癒しの声を持つ。

阿部浩二( 7弦g.)・山田裕(7弦g.)・小畑和彦(g)・寺前浩之(bandolim)・渡辺 亮(perc.)・長岡敬二郎(perc.)・石川 智(perc.)など日本のブラジル音楽を牽引するミュージシャンとの共演も多い。最近では伊藤芳輝g、寺井豊g、馬場孝喜g、織原良次b、新澤健一郎piano、佐野聡(Tb,Fl) 、山下Topo洋平(ケーナ)、助川太郎(g)、加藤 実(piano)、マツモニカ(harmonica)など様々なジャンルのアーティストとの共演により表現の場を広げている。
2016年10月には独特の彩り豊かな宇宙観を持つ作・編曲家・ピアニスト太宰百合のプロデュースでファーストアルバム「Ternura(テルヌーラ)」をリリースした。

Blog

Schedule